【キューバ本】エルネスト・チェ・ゲバラ とキューバ革命を闘った日系人『108年の幸せな孤独』より

 

キューバの英雄、革命家で医師のエルネスト•チェ•ゲバラがこの世を去り、今年で50年を迎える。

 

今も、チェ•ゲバラを愛し、世界中から多くの人々がキューバを訪れる。

 

なぜ、人々の心のなかに、チェ•ゲバラは生き続けているのか。  

 

 

「108年の幸せな孤独」

  〜キューバ最後の日本人移民、島津三一郎〜(角川書店)なかに、革命家のエルネスト•チェ•ゲバラやフィデル•カストロ•ルスとキューバ革命を戦った日系2世たちの姿が描かれている。 

 

読売新聞2017326日 「記者が選ぶ」)

 

『カストロらが率いた革命に共鳴し闘った2世の存在も初めて知った

 (紹介記事より一部抜粋)

 

 

第4章  キューバ革命を闘った日系人

 (「108年の幸せな孤独」目次より) 

 

●  フィデル•カストロの蜂起

 

●  革命の兵士となった日系人との出会い

 

●  18歳で革命軍に身を投じた日系人

 

●  日系2世の複雑な思い

 

●  チェ•ゲバラからの呼びかけ

 

●  キューバ革命の勝利

 

   

 

「108年の幸せな孤独」〜キューバ最後の日本人移民、島津三一郎〜

(KADOKAWA 1700円)

 

「KADOKAWAオフィシャルサイト」(角川書店)

 

 

 

  • 2017.05.16 Tuesday